ホームページを装飾するには必須!CSSの書き方とは?

CSSを書くメリットは?

ホームページを作るとき、HTMLファイルに文章を打ち込んでいきます。そのとき、そのまま打ち込んでいくと、タイトルと見出し、本文などの単調な見た目のホームページが出来上がります。写真なども添付できますが、その段組みなども設定できない状態です。これでは読者はおろか筆者自身も読む気・やる気をそがれてしまいます。
そんな悩みは、スタイルシート(CSS)を書いていくことで解消されます。スタイルシートの執筆は命令を打ち込む作業になるので、HTMLファイルの執筆に比べてやや退屈に感じるかもしれません。しかし、一行一行書いていくごとに自分の思い描いていた通りの見た目になっていくので、慣れていけばいくほど癖になる作業です。

どうやって書いていけばいいのでしょうか

スタイルシートは、HTMLファイルとは別のファイルで編集していきます。編集したファイルは"(filename).css"で保存し、HTMLファイル上でそれを読み込むことで適用されます。
ではどうやって書いていけばよいのでしょうか?
HTMLファイルの構造を思い出してください。文章は<html>、<body>、<p>などの様々なタグに囲まれたものになっていますよね。スタイルシートではそのタグごとに指定していきます。スタイルシートでの命令は殆ど無限といっていいほどありますが、例えば、body内要素のすべての文字列を画面の左端からずらすためには、"body {margin-left:**pt}"と入力します。

ホームページ制作会社を選ぶ際には、ホームページ作成の実績を参考にする事ができます。中には実績一覧を掲載している場合もあります。